小規模多機能型とは

トップページ > 小規模多機能型とは

イメージ図

顔なじみのスタッフが一人ひとりの暮らしに応じてサポート

  • 通い
  • 訪問
  • 泊り

「通い」「訪問」「泊り」の3つのサービスを、ご本人や家族の暮らしにあわせてスケジュールがたてられる、「小規模多機能型居宅介護」として運営しています。介護が必要になっても、住み慣れた地域で、在宅生活が続けられるようお手伝いさせていただきます。

こんなことでお困りでないですか?

イメージ図
  • 家族がお仕事等で介護ができないが、ご本人ができるだけ家に居たい。
  • どうしても、家で暮らし続けたい。
  • デイサービスの送迎時間が生活スタイルに合わないから、デイサービスには行けない。
  • お迎えの時間が早くて準備が間に合わない。
  • 朝食もデイサービスで食べたい。
  • 家に帰ったらすぐに寝たい。

歩風里では、現在このような方がご利用しています。

女性(90歳  要介護4)

女性(90歳  要介護4)

近くのグループホームを予約している。家族が入居までの間利用を希望。毎日通いサービスで朝食・昼食を召し上がり、土・日泊まりサービスを利用。

男性(70歳  要介護1)

男性(70歳  要介護1)

介護保険サービスの訪問介護を利用されていたが、制度改正で散歩の介助ができなくなった。小規模多機能の訪問サービスなら散歩の付添も可能。週3回訪問サービスを利用。


女性(88歳  要介護4)

女性(88歳  要介護4)

御主人と一緒に小規模多機能を利用。週4回の通いと2回の泊りのサービスを受けられている。

男性(86歳  要介護3)

男性(86歳  要介護3)

以前グループホームに入居していたが、不穏が続き落ち着かなかった。小規模多機能に登録し、生活の場を自宅に変えたところ、驚くほど落ち着きを取り戻された

ご本人や家族の暮らしにあわせてスケジュールが立てられる小規模多機能

通常のデイサービスは9時30分~15時45分まで。2階の小規模多機能の「」通いサービスは一人ひとりの生活リズムに合った時間帯で利用できます。朝食や夕食をとったり、またそのまま「泊り」サービスを利用したり、送迎時に「訪問」サービスとして、自宅での着替えや食事の支度などをしてもらうこともできます。

Aさんの一日

Bさんの一日

Cさんの一日

ページトップへ